中央探偵

全国版


息子のお金の無心、使い道は何?

離れて暮らしている家族のこと、どこまで把握できていますか?

不透明なお金の使い道。人に言えない理由があるかも

探偵の調査と言えば、人探しや浮気調査がほとんどだと思う方が多いかと思います。ですが、実際には対象者は違えども、素行調査や身辺調査が大半です。家族だったり恋人だったり、中には金銭トラブルの相手だったりなど様々です。

その中でも多いのが、家族の相談です。見守り目的だったり縁を切りたいからだったり、理由は人それぞれです。

  • 息子が元気にやっているか心配
  • 父親がお金遣いが荒い
  • 水商売をやっている娘の勤め先は怪しい店ではないか
  • 学校でいじめられているのではないか
  • 不良のような人間との付き合いが目立つ

相談事例はたくさんありますが、この記事では実際にあった家族内での金銭トラブルを一部ご紹介します。

息子の素行調査、相談事例

相談者 大阪府在住 60代男性

20代後半の息子と20代前半の娘がいて、現在は妻と娘の3人暮らし。息子は高校卒業後、愛知県に引越して建築系の仕事をしていた。この時の仕事は、地元の先輩が独立していて、高校時代にも夏休み等を利用して手伝いをしていた。

息子は小さい時から素行が悪く、何度も警察のお世話になっていた。喧嘩した相手の家に夫婦で謝りに行ったり、バイクの無免許運転で捕まったこともあったし、大怪我をして帰ってくるようなこともあった。誰にやられたのかも言わず、逆に反発されるのが怖かった。だけど、息子は家族には手を上げないし、娘の友達からは慕われるような節もあり社交的だった。

そんな息子だったが、高校に入ってからは悪さをすることもだんだんと減っていき、尊敬する先輩との仕事の話をいつも楽しそうに家族に話していて安心していた。高校を卒業してから少しの間は実家から先輩の仕事を一緒にしていたが、車の免許をとってから愛知に引っ越すと言い出した。

『先輩の仕事を法人化する。愛知県で独立してやっていく。住居は先輩が用意してくれる。』

息子の成長が嬉しい反面、不安や心配もあった。どこに住むのか、給料は大丈夫なのか、一人で暮らしていけるのかなど心配事が絶えなかった。だが、干渉されることを息子は嫌って何も喋ってくれなかった。だから、生活が落ち着くまでは少しだけ仕送りをすることにした。妻からは反対されたが、個人的な範囲での仕送りをしていた。息子は毎月『ありがとう』とメールをくれたし、お盆と正月に帰ってきたときにはは直接お金を渡していた。

直接見れないので行っていることが真実かわからない

5年ほど経った頃から、息子が頻繁に家に帰ってくるようになった。仕事の調子が良く、部下もできて安定していきたとのこと。相変わらず少額ではあったが仕送りはしていた為、そろそろ仕送りもしなくていいだろうと判断した。

それから一年経った頃から、息子からお金を貸して欲しいと言われた。クライアントが工事代金を未払い状態で夜逃げした為、給料が遅れているとのことだった。

貯金ができるぐらいには稼げているのだろうと思っていたがそうでもなかったのかと納得し30万円ほど貸した。息子は毎月10万円ずつ返すといい、次の月には返済をしてもらったが、その翌月にはまたお金を貸して欲しいといってきた。元々自転車操業だった為、他の支払いも全て遅れてしまって、給料が後回しにされてしまっているとのこと。

無理せず仕事を辞めて帰ってくるように促したが、先輩の会社だし長くやっている為やめられないと言われた。

そして現在までにも、一年に数回は何かと理由をつけてお金を貸して欲しいと言われている。貸した金額は仕送りを含めると8年間で900万円近い金額になり、妻はもはや息子のことを完全に見捨てていて返済するまで帰ってくるなといっている。

金銭的にも限界が近いのもあるが、息子はなぜそこまでお金が必要なのか?心配であるのは間違いないが、もし言っていることが嘘であるならば今後の対応を考えなくてはいけない。

息子にかけるお金はこれで最後にしたいと思い、探偵の調査の依頼を決意した。

実際の息子のお金の使い道は

依頼を頂いてから、まず依頼者様からの事前情報をもらいました。

しかし、今回のケースでもらえたのは、先輩の出身地と下の名前に加えて、おおよその息子の居住地のみ。本調査に入る前に予備調査で10日間ほどかかりました。息子が帰省した時に尾行をすれば住所は判明するのですが、いつ帰ってくるかもわからない上に早急な解決を望んでいた為、まず先輩の会社から調べることにしました。

先輩の出身地からフルネームを判明させて、会社名を調査後に登記情報から法人所在地が判明。

会社に張り込み、息子さんが出社した際に尾行を開始。使用車両と住所が判明。アパートに一人で暮らしている様子。家賃は相場よりも比較的高いアパートであり、乗っている車両も息子名義の車であり、高級国産セダンに乗っていた。車両購入価格までは判明しなかったが、購入時期は依頼者に借金をし始めた頃より後だった。

仕事に関してはかなり真面目にやっている様子であり、現場に出ることもあるがどちらかというと工務店や建設会社への営業が多く、接待などで頻繁に会食を行っている様子がSNSから見受けられた。

キャバクラやスナックに行くことが多く、先輩との接待も含めほぼ毎日のように接待で繁華街に繰り出していた。調査期間の1週間の間、日曜日を除く全ての日に飲みに出ているような状態。日によっては、接待先や先輩と解散後に一人で飲み直す日もあり、関心を置いている女性がいる様子だった。その女性とはプライベートでの付き合いもある様で、調査最終日の日曜日には食事をして外泊をしていた。

収入面には問題がある様な様子はなかったが、金銭の使い道が相談内容とはかけ離れていた。

その後、素行調査は終了して会社の経営状況を調査。経営状況は全く問題ない。本人の勤勉な態度や先輩からの他の従業員との扱いの差から見ても、かなり会社内では立場が高く信頼が置かれている様子。収入の金額等は不明だったが待遇はいいものだと推察できる。

上記の内容を写真付きの調査報告書にて依頼者に報告しました。

金銭に困っている様子があるわけではないと安心した反面、裏切られたという気持ちが大きく動揺している様子でした。今後の対応方法で弊社にも手伝えることは何かあるかと聞きましたが、『今後はお金を貸さないが、本当に困った時には手を差し伸べたい。お金の限界ということで息子には今後は貸さないことを納得してもらう。調査したことは息子には言わないので、今後また息子の様子が知りたい時には何かお願いするかもしれません。』とおっしゃっていました。

知らないことだらけでは前には進めません

今回のケースでは、息子さんが本当に困っているのなら依頼者様はまたお金を貸していたでしょう。その様なお金の使い道をしていたのだったら今までの金額を返せとなる方も多いとは思います。ですが依頼者様は『息子が元気でやっていて、自立できているならそれでいい。妻が反対していた仕送りをして甘やかしてしまっていたのは自分の責任だし、頼ればなんとかしてくれると思っていたのでしょう。身の丈にあった生活を今後は心がけてもらうためにも、今回までの嘘は不問にしたい』とおっしゃっていました。

このまま調査せずにお金を貸し続けていても息子さんのためにもなりませんし、依頼者様の苦悩も長く続いてしまったと思います。

家族や大事な人のことだからこそ調べる必要があります。心配しているだけではなく、一歩でも前に出て大切な人のことを知ることが大切です。

弊社はあなたの最初の一歩のお手伝いをさせてもらいます。まずは現在の悩みや状況をお聞かせください。相談は24時間無料、電話もしくはメールフォームにて可能です。相談のみでも構いませんので、下記お問い合わせフォームにてご連絡ください。

関連情報