中央探偵

全国版


Instagram、Facebook、Twitterの嫌がらせ被害

SNS嫌がらせ被害に巻き込まれたら

身近になったSNSでの被害が増加

近年のインターネットやスマートフォンの普及により、様々なインターネットトラブルが増えてきました。特に自分の身分を明かさずに、匿名で誹謗中傷の書き込みをしたり、ネットストーカーとして嫌がらせメールを送ったりといった事例が大半です。

まずはネット上の嫌がらせに関する様々なトラブルをご紹介します。

嫌がらせ相談事例

  • 匿名掲示板に誹謗中傷の書き込みをされた
  • なりすましでSNSアカウントを作成して嫌がらせをされる
  • タイムラインを投稿すると、コメント欄に嫌がらせの書き込みをされる
  • DMに不快な写真や文章を送ってくる

などと相談事例は様々ですが、ネット上では匿名性が高い為、個人の特定が困難です。相談内容によっては、緊急性を求められるような嫌がらせもあったりなど、警察に届け出る必要があるような相談もあります。

開示請求を行えるケースと行えないケース

誹謗中傷や嫌がらせについてまず検討するのは開示請求を想像されるかと思います。ですが、開示請求と言うものは企業に対して一般人が行ってもまず受け入れてくれません。

訴訟前提であれば弁護士による開示請求をおすすめしますが、弁護士もどんな内容でも開示請求を行ってくれるわけではありません。住所や名前などの個人情報を拡散されたり、被害者の写真を悪用して悪質な画像を拡散したりなど様々ですが、被害状況を重視する弁護士事務所が多い傾向にあります。

泣き寝入りする前に、各方面に相談

殺害予告や犯罪予告であれば警察に、民事トラブルであれば弁護士に相談するのが大事ですが、被害状況をしっかりと説明しないと理解も得られない可能性があります。まずは被害状況を時系列とともになるべく詳細に、資料を集めて相談することが必要です。

探偵はどこまで相手を調べられるのか

相手の身元特定は探偵の本業です。探偵独自のルートや手法を駆使して調査を行いますが、ハッキングをして相手の個人情報を抜くなどの違法調査は行いません。

あくまで合法的なルートを用いて調査を行う為、不可能な情報調査を希望される相談者様には依頼をお断りすることもございます。ですが事前情報や相手の情報次第では、我々の調査によって判明させてきたケースも多数あります。

弁護士は開示請求を行えますが現地調査はしません。探偵による調査をするべきなのか弁護士による開示請求をするべきなのか、弊社ではアドバイスを含め総合的にサポートを行っております。

インターネットトラブルは一人で抱え込みがち

 

SNSでのトラブルは一人で抱え込みがちです。匿名性が高いのが逆に相談しづらい原因になっています。プライベートでの利用をしていないアカウントであったり、周りの知らない一面を表に出している方がほとんどです。

まずは弊社無料相談にてご相談ください。インターネットトラブルの専門家がご相談に乗ります。また、調査費用に関してもお持ちの情報や状況によって必要な調査も変わってくる為、費用相場をこちらのページで案内することはできませんが、3万円〜の調査プランをご用意しております。無料で解決に至れるケースもございますのでお電話またはメールにてお問い合わせください。

関連情報