中央探偵

全国版


ストーカー対策・調査

ストーカー調査の概要説明

ストーカー対策・調査とは

ストーカー嫌がらせ調査とは

つきまとい行為、復縁や交際の強要、非通知での無言電話や器物損壊、行為の強要やそれらに伴う暴力行為に対抗するために調査を行います。

犯人の特定、解決に向けた証拠の収集を行います。

弊所では調査以外にもトラブル解決サポートも行ってますので、現在悩みを抱えてる方は相談してください。

 

ストーカー調査を依頼を検討されてる方に。

ストーカー・嫌がらせ被害は年々増加の傾向があります。手口も多岐に渡り陰湿なものも増えております。追い詰められる、恐怖心からの精神的被害により日常生活に支障がでる事案も少なくないため、ストーカー・嫌がらせ被害は出来るだけ早く解決することが重要です。

身を守ために、なにか起こる前に対策を。

近年、警視庁によるストーカー被害に関する相談件数は毎年千件を超え多い時はその倍の数にまでなります。ストーカー規制法により検挙数は毎年400件以上になります。

警視庁のストーカー事案の分析では、ストーカー被害者の80%以上が女性です。

相談者の年齢も20代から40代が多いと発表しております。

しかしこれは警視庁の認知件数データである為、数字上に表れていない被害者もいるのが現実で相談しても解決できていない人も多いと言えるでしょう。ストーカー行為には明確な行為では無く法的措置がとれない事案もあり、警察に相談に行っても現時点では対応してもらえないこともあります。だからと言って問題を放置して何かが起きてしまっては手遅れになりますから早い段階で対処対策を取ることが重要です。

ストーカーの心理

ストーカー行為は、相手に対する気持ちが強すぎるあまりにその表現や行為がエスカレートしてしまい結果相手を傷つけてしまうことになります。ストーカー行為から身を守る為にはストーカー行為をする側の心理を知ることも必要です

  • 分かれた相手に、どんなことをしても会いたい。
  • 気を引きたいから周りを巻き込もう。
  • 復縁したいのに、周りに説得されるのがむかつくから困らせよう。
  • どうしても会いたいから帰宅時間を狙って待ち伏せしよう。
  • フラれて連絡取れないけど出るまで連絡しよう。

注意が必要な状況

  • 分かれた相手がSNSやブログに訪れた形跡がある。
  • 1日に何十回も電話やLINE、メールが来る。
  • 相手の感情が憎しみに変わってるのがわかる。
  • こちらが嫌がっていることが伝わらない。
  • 別れた理由をこちらのせいにしてきている。
  • 強引に言うことを聞かせようとしてくる。
  • 周りなどに無いことを吹き込まれる。
  • 無視をしていると自殺などをほのめかす。

状況に応じて、できるだけ早く周囲に相談するか警察や専門家に相談してください。

ストーカーの種類

生活の中に入り込むつきまとい・ストーカー行為


普通に暮らしている中で、つきまといなど感じる時は一人で悩まずに周囲に相談、出来るだけ誰かといることが大事です。一人きりの時間をなくして家族や友人と一緒にいる時間を増やしましょう。自身が何か変だなと感じた時は悩まずに警察や専門家に相談しましょう。

 

 

ネットでのストーカー


近年では、ネット上におけるストーカー行為も増えつつあります。最初はネット上だけの「つきまとい」「ストーカー」行為であっても所在を特定されたり職場を特定され、結果として自分の実生活に入り込んできてしまうという事もあります。ネット上であっても危険を感じたら専門家に相談し自分で行える対処法などを確認し、対策取ることをお勧めします。また相手が分からないといった場合は、調査等で相手を特定することも重要です。

 

 

集団におけるストーカー行為


ストーカー行為をしてくる相手は1人だとは限りません。複数人による「つきまとい」「ストーカー」行為によって精神的被害を受けることもあります。集団ストーカー問題を解決する為にはその原因や相手の存在について情報を収集する必要があります。自分での対処が困難である事案が多いため集団によるストーカー行為を受けているという場合は、出来るだけ早く専門家に相談し解決策を見出すことが重要です。

いじめや事件につながることも

いじめ問題


職場でのいじめからストーカーに繋がることもあります。職場などのいじめなどは陰湿なものが多く個人で解決するのが困難なケースが多々見られます。日々のいじめ行為やつきまといストーカー被害を受けていると精神的なダメージが増えるので、周囲や専門家に相談して解決策を立てましょう。

 

 

事件になることも


ストーカーをする人の心理には、独占欲が強かったり別れたことが納得できずに行為に及んでしまう人も中にはいて、抑えきれない感情から事件になるケースも世の中には存在しています。何か起きる前に身の回りでおかしいと思ったら知人や専門家に相談をして解決策を見出すことが重要です。

ストーカー調査一覧

ストーカー被害を証明するための証拠収集


ストーカー被害を周囲の人に分かってもらう為に証拠収集は必要です。警察に被害届を出す場合や裁判で争うときに被害状況の証明に必要な証拠を集めるための調査を行います。主に尾行や張り込みを主とした調査方法によって依頼人の知りたい情報を日にち、時間ごとに行動内容を写真や動画等におさめます。さらに依頼人の知りたい情報等がある場合は、細かな時間設定や関連人物についても調査を行っていきます。

 

ネットストーカーの特定


「ネットストーカーに遭っている」「ネットストーカーに個人情報を特定されている」という方の問題を解決するために、ネット上でのサイバー調査を行うサービスです。またその後の問題解決を、各種専門家によって行います。インターネット調査・情報収集を主とした調査方法によって依頼人の知りたい情報を特定します。さらにネットストーカーの犯人に対して責任追及したい場合は、身元調査などを行い、犯人の情報を特定する事も可能です。

様々な状況の中で、「ストーカー行為をやめてほしい」「犯人が誰か分からず怖い」という理由から調査依頼をいただきます。ネットストーカー被害はそのままにしておくと、新たな二次トラブルが起きてしまう可能性があります。今できることがあるならば、すぐに解決に向けて動くべき問題です。

 

 

ストーカーの身元特定調査


ストーカーをしている相手が誰なのか、人物の特定と相手の情報を知る為に必要な、ストーカー人物の身元特定調査を行います。「誰からストーカーされているか確認したい」「身元を特定して警察に届けを出したい」という方の不安や問題を解決するために、対象人物に対して知りたい情報を把握する調査です。尾行や張り込みを主とした調査方法によって依頼人の知りたい情報を日にち、時間ごとに行動内容を写真や動画等におさめます

様々な状況の中で、「ストーカーされていて苦しい」「誰にも相談できずどうしたらいいか分からない」という理由から調査依頼をいただきます。ストーカー問題を解決しないままでは、今後の生活に大きな影響を与えてしまうでしょう。今できることがあるならば、すぐに解決に向けて動くべき問題です。

なかなか人には相談しづらいストーカー相手に対する問題を探偵の調査を利用して解決する方は

 

相談事例

元)交際相手・配偶者がストーカー行為

  • 家に誰か入った形跡がある。
  • 元交際者につきまとわれている。
  • 肉体関係や金銭の要求をされる。
  • 郵便物が消えたり、ごみ袋などが取られている。
  • 無言電話が定期的に掛かってくる。

 

近隣・職場関係のストーカー

  • 通勤時に待ち伏せして駅までついてくる人がいる。
  • 近隣住民などの集団に監視されてる。
  • 職場に怪文書など届く
  • 帰るときに職場の人につけられている。

調査料金

ストーカー調査の料金相場

ストーカー調査料金の相場は、内容によっても異なりますが5万円~50万円程度とお考え下さい。ストーカー行為が明確である場合と予備軍と呼ばれるこれからストーカー行為に発展しそうな事案では収集する情報の種類なども変わるため事前に確認が必要です。

 

過去のストーカー調査料金

事例1

つきまとい調査
相手人物の行動調査・証拠収集調査
調査期間:3日間
調査料金:15万円

事例2

ストーカー調査(ネット上のストーカー行為)
相手人物の特定・情報の収集
調査期間:14日間
調査料金:30万円

 

ストーカー調査の依頼方法

初めての方へ

出来るだけ低費用で調査依頼をするためには、まずはご相談ください。 調査のご要望や現在お持ちの情報についてお聞かせ頂ければ、あなたに合った最適な調査プラン(どんな内容の調査で、どの程度日数がかかるか、など)を丁寧に分かりやすくご提案します。

 

探偵に調査を依頼するにあたって、ご自身で用意していただく物がございます。

  1. 免許証などの本人確認書類
  2. お相手の情報(氏名、住所、生年月日等)をまとめたもの
  3. 印鑑(契約時に必要)
  4. 調査依頼料及び着手金

必要なものは担当者の方からもご案内があります。ご不明な点は担当者までお問い合わせください。

 

相談窓口

「電話相談窓口」や「メールフォーム」では24時間/365日ご相談を受け付けています。担当者と会って詳しく話を聞きたい場合や、低費用での調査依頼を望まれる場合は、料金や調査プランについて「面談による個別相談」も無料でお受けしております。

 


    お問い合わせ・ご相談内容必須 例)ご相談内容を簡単にお書き下さい


    お名前必須 例)山田 太郎
    郵便番号 例)123-4567
    住所 例)神奈川県
    電話番号必須 例)012-345-6789
    メールアドレス必須 例)onamae@sample.com