中央探偵

全国版

嫌がらせ調査

嫌がらせ調査のご案内


嫌がらせ行為による被害は、年々増え続けています。その内容も多岐に渡り、精神的な苦痛を抱えながら日常生活を送っている方も少なくありません。中央探偵では、嫌がらせ被害にお悩みの方が少しでも早く元の生活に戻れるようサポートしております。

 

嫌がらせ調査とは

 

嫌がらせ調査とは、嫌がらせ行為の実態確認や嫌がらせ被害を証明するための証拠収集、嫌がらせ行為をしている相手人物の特定などを行う調査です。嫌がらせ被害は多種多様な事案が多く、そのひとつひとつに見合う調査を行うことが必要です。

嫌がらせ調査の目的


嫌がらせ調査の目的は、嫌がらせ行為を止めさせる、被害に対する賠償を求める、嫌がらせ相手を特定し対処するというものです。嫌がらせの多くは物的被害よりも精神的被害によるものが多く、中には解決困難な事案である場合は精神的被害により、日常生活に支障が出ることもあるため出来るだけ早期に解決する必要があります。

依頼目的
  1. 嫌がらせ行為を止めさせる
  2. 嫌がらせ被害の証拠を収集し法的措置を取る
  3. 嫌がらせ行為を行っている人物を特定し賠償を求める

 

いやがらせ調査の種類


嫌がらせ行為には様々な種類があり、その対策法もそれぞれ異なります。嫌がらせ行為による被害は年々増えており、その手口も巧妙になってきているため解決が困難な事案も増えている状況だといえます。

種類
  1. つきまとい・待ち伏せ・進路立ちふさがり・見張り・押し掛け行為等
  2. 無言電話・連続電話・過剰なメール送信等
  3. 汚物や動物死体等の送付・置き逃げ
  4. 名誉を傷つける手紙・メールの送付・ネットの書き込み等
  5. 性的羞恥心の侵害行為・リベンジポルノ・ネット上への拡散等
  6. 各種ハラスメント・いじめ・事実無根の悪評の拡散等
  7. 自宅家屋や敷地への物投げ入れ・車などへの傷つけ・棄損行為等

嫌がらせ行為は、まだまだたくさんの事例がありますが、多くは上記のように精神的なダメージを与えるような事案です。嫌がらせ行為は長く続くとかなりの心労が生じ日常生活にも支障が出ることが多いので早めの対処が必要です。嫌がらせの対処法は、まず実態を知り原因を知ることから始めます。その後、調査によって証拠集めや相手の情報収集を行うことで対策案を立てることが出来ます。被害にあっている当事者が自分で対処対策を取ることは簡単な事ではありませんので必ず専門家に相談することをお勧めします。

嫌がらせの事例


嫌がらせ調査の相談事例

嫌がらせの手法は多岐に渡り、中には陰湿なものや直接的に危害を受けるものもありますので、被害に遭ったら早めの対処が必要です。

知人による嫌がらせ
  • 会社の上司が毎日のようにつきまとい、自宅や会社周辺で待ち伏せや会うように強要される
  • 元交際相手に写真や情報をばらまくと脅され、言いなりにされていて困っている
  • 近隣住人による執拗な嫌がらせ行為に悩んでいる
  • ネットで知り合った知人に自分の悪い噂を拡散され、本人に言っても知らないと言い切る
  • 会社の同僚数名からいじめのような嫌がらせを長年受けていて精神的に辛い
  • 元スタッフから、会社に対しての嫌がらせ行為が続いているので証拠を取って解決したい

 

相手が分からない嫌がらせ
  • 毎日、毎晩のように帰宅するタイミングで無言電話がかかってきたり、自宅周辺に見知らぬ車が停まってい怖い、警察に相談しても今の段階では対処できないと言われ困っている
  • 自宅玄関に誹謗中傷の手紙が置いてあったり、ゴミが置かれていたりしているが誰の仕業か分からず怖い
  • 自分のSNSに誰か分からない人物が頻繁に誹謗中傷してくるので調べて対処したい
  • 自分の事をネット上の掲示板に頻繁に書き込んでいる人物がいるが、心当たりが無いので調べたい

 

嫌がらせ調査料金


嫌がらせ調査料金の取り決め法

嫌がらせ調査の料金は、嫌がらせの種類や被害状況、証拠収集の難易度などによって異なります。実際の行動による嫌がらせ行為(つきまといや待ち伏せ・破損行為)の場合は、尾行や張り込みによって証拠収集・人物特定が行われますが、ネット上での嫌がらせやSNSなど匿名性の高いツールによる嫌がらせ行為等は、専門家による特殊な情報収集が必要になります。嫌がらせ調査における難易度は、お持ちの情報を専門家に伝えることで分かりますのでお知りになりたい方は、まず専門家に状況説明を行うことから始めてください。

 

嫌がらせ調査料金の相場

嫌がらせ調査の料金相場は、概ね15万円~50万円程度とお考え下さい。嫌がらせ被害の状況や嫌がらせ行為の種類によって難易度、調査手法が異なるため事前に必ず料金の確認をすることをお勧めします。また、嫌がらせ行為に対する証拠収集には時間がかかる事案も多いため、調査期間と料金の関係についても事前に確認する必要があります。

 

嫌がらせ調査料金の過去事例

 

事例1
つきまとい・待ち伏せ・脅し行為による被害
証拠の収集・相手の身元、身辺調査
調査期間:15日間
調査料金:20万円

 

事例2
誹謗中傷・ネット書き込みによる被害
書き込み相手の身元確認・身辺調査
調査期間:1カ月間
調査料金:35万円

 

事例3
近隣住人による嫌がらせ行為による被害
被害証拠の収集・相手の身辺調査
調査期間:7日間
調査費用:10万円

 

いやがらせ調査の依頼方法


初めての方へ

出来るだけ低費用で調査依頼をするためには、まずはご相談ください。 調査のご要望や現在お持ちの情報についてお聞かせ頂ければ、あなたに合った最適な調査プラン(どんな内容の調査で、どの程度日数がかかるか、など)を丁寧に分かりやすくご提案します。

 

嫌がらせ調査の依頼

専門家への相談によって調査・解決サポートが必要だと判断した場合は、依頼申し込みを行ってください。依頼は、探偵業法に定められた書式書類(調査委任契約書・重要事項説明書・誓約書等)に必要書類に記載の上、お申し込みとなります。トラブルのない良い結婚調査依頼をするためにも、充分な打ち合わせの元、依頼申し込みを行う必要があります。

 

相談窓口

「電話相談窓口」や「メールフォーム」では24時間/365日ご相談を受け付けています。担当者と会って詳しく話を聞きたい場合や、低費用での調査依頼を望まれる場合は、料金や調査プランについて「面談による個別相談」も無料でお受けしております。


初めての方へ

出来るだけ低費用で調査依頼をするためには、まずはご相談ください。 調査のご要望や現在お持ちの情報についてお聞かせ頂ければ、あなたに合った最適な調査プラン(どんな内容の調査で、どの程度日数がかかるか、など)を丁寧に分かりやすくご提案します。

 

相談窓口

「電話相談窓口」や「メールフォーム」では24時間/365日ご相談を受け付けています。担当者と会って詳しく話を聞きたい場合や、低費用での調査依頼を望まれる場合は、料金や調査プランについて「面談による個別相談」も無料でお受けしております。


嫌がらせ調査料金の取り決め法

嫌がらせ調査の料金は、嫌がらせの種類や被害状況、証拠収集の難易度などによって異なります。実際の行動による嫌がらせ行為(つきまといや待ち伏せ・破損行為)の場合は、尾行や張り込みによって証拠収集・人物特定が行われますが、ネット上での嫌がらせやSNSなど匿名性の高いツールによる嫌がらせ行為等は、専門家による特殊な情報収集が必要になります。嫌がらせ調査における難易度は、お持ちの情報を専門家に伝えることで分かりますのでお知りになりたい方は、まず専門家に状況説明を行うことから始めてください。

 

嫌がらせ調査料金の相場

嫌がらせ調査の料金相場は、概ね15万円~50万円程度とお考え下さい。嫌がらせ被害の状況や嫌がらせ行為の種類によって難易度、調査手法が異なるため事前に必ず料金の確認をすることをお勧めします。また、嫌がらせ行為に対する証拠収集には時間がかかる事案も多いため、調査期間と料金の関係についても事前に確認する必要があります。

 

嫌がらせ調査料金の過去事例

 

事例1
つきまとい・待ち伏せ・脅し行為による被害
証拠の収集・相手の身元、身辺調査
調査期間:15日間
調査料金:20万円

 

事例2
誹謗中傷・ネット書き込みによる被害
書き込み相手の身元確認・身辺調査
調査期間:1カ月間
調査料金:35万円

 

事例3
近隣住人による嫌がらせ行為による被害
被害証拠の収集・相手の身辺調査
調査期間:7日間
調査費用:10万円

 


    お問い合わせ・ご相談内容必須 例)ご相談内容を簡単にお書き下さい


    お名前必須 例)山田 太郎
    郵便番号 例)123-4567
    住所 例)神奈川県
    電話番号必須 例)012-345-6789
    メールアドレス必須 例)onamae@sample.com