中央探偵

全国版

離婚前調査

離婚前に行う調査の概要説明

離婚前調査とは


長く続けてきた結婚生活も、相手との価値観の違いによる生活のすれ違いで別れて再スタートに踏み切られる方も少なくありません。このページでは離婚前に行う調査について説明したいと思います。

離婚とは簡単に決められる問題ではありません。
離婚前調査とは、「なぜ相手は離婚したいと考えているのか」という原因を知ることを目的とした調査になります。
原因が分かればそれをどのように夫婦関係を修復するべきかという方法が見えてきます。
一方で「離婚することは時間の問題」という視点も重要です。
離婚に踏み切れるかどうかの大事なポイントに、「離婚慰謝料」「財産分与」「親権」「養育費」などがあり、仮に離婚に踏み切った場合に「有利な条件に」「不利にならない」ように離婚原因が相手にあることの証拠をしっかり押さえておく必要があります。

離婚前調査の相談事例


よくある相談事例をご紹介します。

相手方の異性関係(浮気・不倫)

(ケース1)

  • 内容:夫と信頼していた友人が不倫
  • 目的:裏切られた精神的苦痛に対する慰謝料

ケース2)

  • 内容:不貞関係を認めない妻
  • 目的:不貞関係を認めさせる証拠を押さえ離婚したい

 DV(家庭内暴力)

(ケース1)

  • 内容:DV夫と離婚したい
  • 目的:暴力の事実を認めないので証拠が欲しい

(ケース2)

  • 内容:言葉のDVを立証したい
  • 目的:親権を取って離婚の話を進めたい

 経済的な問題(仕事・ギャンブル・浪費など)

(ケース1)

  • 内容:ギャンブル依存症を隠している夫が仕事に行っているかを確認したい
  • 目的:ギャンブル依存症を認めさせたい。

(ケース2)

  • 内容:接待で使っているクラブのママとの関係
  • 目的:離婚はしたくないので不貞行為を認めさせたい

離婚前調査の料金


中央探偵では、あなたにあった料金プランを提案いたします。

過去に行った調査料金

(ケース1)

不貞を認めないパートナーの証拠収集

期間 一週間 調査員 3名 1日4時間

基本料金 40万+諸経費

(ケース2)

DV夫との離婚準備における証拠収集及びサポート

期間 2週間 調査員 2名

基本料金 30万+諸経費

(ケース3)

ギャンブル依存症の旦那の行動調査

期間 3日間 調査員 1名 1日6時間

基本料金 15万+車両機材費など諸経費

 

離婚前調査を依頼するには


初めての方へ

出来るだけ低費用で調査依頼をするためには、まずはご相談ください。 調査のご要望や現在お持ちの情報についてお聞かせ頂ければ、あなたに合った最適な調査プラン(どんな内容の調査で、どの程度日数がかかるか、など)を丁寧に分かりやすくご提案します。

 

探偵に調査を依頼するにあたって、ご自身で用意していただく物がございます。

  1. 免許証などの本人確認書類
  2. お相手の情報(氏名、住所、生年月日等)をまとめたもの
  3. 印鑑(契約時に必要)
  4. 調査依頼料及び着手金

必要なものは担当者の方からもご案内があります。ご不明な点は担当者までお問い合わせください。

 

相談窓口

「電話相談窓口」や「メールフォーム」では24時間/365日ご相談を受け付けています。担当者と会って詳しく話を聞きたい場合や、低費用での調査依頼を望まれる場合は、料金や調査プランについて「面談による個別相談」も無料でお受けしております。


    お問い合わせ・ご相談内容必須 例)ご相談内容を簡単にお書き下さい


    お名前必須 例)山田 太郎
    郵便番号 例)123-4567
    住所 例)神奈川県
    電話番号必須 例)012-345-6789
    メールアドレス必須 例)onamae@sample.com